不動産集客ナビのコラム

不動産集客のトータルサポート 不動産ナビコラム

contents

VOL.12 不動産HP コンテンツ(オーナー向け編)

今回から目的別サイト編の記事となります。一口に不動産サイトの運営といっても、集客を目的とした物件情報が主体のサイトだけではなく、様々な目的やテーマに合わせたサイトが昨今少しずつですが増えてきました。

 

これは不動産会社様のWEBに対する意識の向上の表れであると思われます。

 

今回は賃貸管理会社様や管理を獲得していきたい仲介メインの会社様にはぜひ実践して頂きたい内容です。それは、【オーナー様を獲得する為のWEBサイト】 そして【既存オーナーの満足度を高めるWEBサイト】の運営です。

 

時代背景として、デベロッパー様の需要を無視した建設ラッシュにより、供給過多の状態がこれからも続きます。そうするとおのずと空室が目立つようになり、賃貸オーナーからしたら、よりよい提案をしてもらえる管理会社様と付き合っていきたいとなるのは間違いありません。

 

この賃貸管理業界についてはとても人情を重んじるというか、本質をとらえず、長い付き合いだからという理由で管理会社をあまり変えない傾向にあります。

 

資産的に裕福なオーナー様なら問題ないでしょうが、投資目的でのワンルーム経営や空室状態が長く続いてる場合については管理会社の選定は非常に重要です。

 

こういったニーズ、不満のあるオーナー様に対してWEB上でアピールしていこうという事です。

 

オーナーがネットなんか使うかよ、そもそも高齢だし・・・

 

↑ そうですね、いま現在はまだまだそういった方が多いでしょう、ですが時代はかわり、世代交代の波も押し寄せています。怠慢している管理会社は淘汰されます。

 

これから先を見据え、このオーナー目線でのホームページを作りは先駆けてやることで非常に重要に大きな効果をもたらす可能性は大きいです。

 

では具体的にどのようなサイトの内容にしていけばよいかヒントを記載していきましょう。

 

大きく分けて、役割は以下の2つになります。

 

1、新規家主の獲得

2、既存家主への満足度向上+営業効果

 

これらに対して効果的なコンテンツを用意する必要があります。

 

考えられる有効なコンテンツ

賃貸管理サービスの差別化・可視化(レポート内容、手数料が安い、作業内容 など)

賃貸管理実績(管理棟数、管理戸数、入居率、)

オーナーの声(オーナー数、事例を多数用意)

資産運用面の提案(土地活用、売却、新規建設、リノベ、リフォーム)

 

などが基本的なコンテンツになります。

 

貸し方も多様化しているので、特殊で素敵な提案が空室や維持管理に悩むオーナー様に対してできる管理会社様だとなおさらWEBを活用した方がいいと思います。

 

サブリースや、リフォームを軸にしたものや、シェアハウス、時間貸し、テナント、など優秀な管理会社は単に、仲介業者への情報発信や入居者の契約期間管理、集金管理の代行業務ではなく、プロパティマネジメント、アセットマネジメントの目線で、いかに資産を有効活用、利益を最大に出せるかをコンサルティングしていると思われます。

 

ただし、物件主体サイトの運営と違い、ターゲットの分母が大きく異なりますので、月に10件20件のオーナーからの反響を生むのは至難の業でしょう。ですが、オーナー様を獲得するという事は、1件の客付とは比較にならないほどの利益を生み出せる可能性を秘めています。これは不動産会社様自身が一番理解している事だと思います。見込みレベルでも貴重な案件になること間違い無しです。

 

マーケティングカテゴリの記事を見て頂ければわかりますが、もちろん商圏、エリアは限定した方がうまくいくでしょうね。いかに魅力的でも大阪の物件を東京の管理会社にまかせるのは少し躊躇しますし。

 

それではこのへんで。